メディカルチェック -測定評価-

医療の現場でも用いられる測定機器を使い、身体の外側・内側の状態をあらゆる角度から数値化。

体成分の測定、分析ができる機器

「体組成」とは、水分・タンパク質・ミネラル・体脂肪などの身体を構成する基本成分のことです。体重や体脂肪率といった数値はもちろんのこと、体幹・四肢(左右の手足)など部位ごとの筋肉量や脂肪量などを知ることができます。

​得られるデータ

・体水分量・たんぱく質量・体脂肪量・体脂肪率   

・各身体部位(左右の腕、足、体幹)の筋肉量・体脂肪量

・骨格筋量・基礎代謝量・内臓脂肪レベル・骨ミネラル量

In Body ー 体組成 ー

InBody470_結果用紙_(表面).jpg

自律神経バランス、末梢血液循環の分析ができる機器

心拍の変動、指先の毛細血管の波形を分析することで自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスや血管の状態を知ることができます。

得られるデータ

自律神経バランス(交感・副交感神経),交感・副交感神経の活性レベル ,

自律神経活動度(心拍変動) ,肉体的疲労度,

末梢血管健康度,血管推定年齢,血管の老化度,平均波形タイプ

TAS9VIEW ー自律神経活動バランス、ストレスチェック、血管年齢ー

結果シート (1).jpg

骨密度の測定ができる機器

超音波によって骨密度を測定することができます。骨密度とは骨の強度を示す指標のことで​、20歳を目安に最大となり、40歳頃から低下すると言われています。骨密度の低下は骨折リスク増大に直結するとされています。

スパイロメーター ー 肺機能 ー

肺機能の分析ができる機器

肺機能結果用紙.jpg

呼吸時の呼気量と吸気量を測定することで「肺の換気能力」を、また、1秒間に全体の何%を呼出できるかの値を測定することで「肺の弾力性」や「気道の閉塞の程度」を調べることができます。

得られるデータ

①肺活量(VC) 

空気をいっぱい吸入して、いっぱい吐いたときの量。

肺の呼吸全容量。

②1秒率(FEV1.0%) 

最初の1秒間に全体の何%を呼出できるかの値。

肺の弾力性や気道の閉塞の程度を示す。

骨密度計

TAS9のコピー.jpg
TAS9のコピー2.jpg

AYUMi EYE ー 歩きの分析 ー

スクリーンショット 2020-09-10 20.38.29.png
スクリーンショット 2020-09-12 14.48.02.png
スクリーンショット 2020-09-12 14.48.14.png

歩行状態の分析ができる機器

歩行時の推進力・左右バランス・歩行リズム・歩幅・歩速を数値化することができます。歩行における弱点や課題をデータ化することで客観視し、改善に必要な運動プログラムの提案や、変化のフィードバックの際の指標として活用します。

ミロナイザー ー 柔軟性・バランス能力・敏捷性・最大筋力 ー

全身動作の質や最大筋力を測定する機器

全身の柔軟性、バランス能力、敏捷性(素早さ)など『全身動作の質』を測定することができます。

また、上半身・下半身それぞれどのくらいの筋力があるのかも測定でき、数値で表されます。

スクリーンショット 2020-09-12 12.46.25.png
スクリーンショット 2020-09-12 14.16.37.png

メディカルフィットネス

シンカジム

​​〒860-0803

熊本県熊本市中央区新市街7-17

くまもと令和クリニック 4F

平日 13:00~21:30

​土・祝 10:00~18:30

日曜・月曜 定休日

○市電をご利用の方
    熊本市電A・B系列 「辛島町駅」より 徒歩2分

○バスをご利用の方

    熊本交通センター バスターミナル より 徒歩4分

​ACCESS

2020©️SINKA GYM